Array
(
    [node_srl] => 15884
    [parent_srl] => 0
    [menu_name_key] => 製品
    [isShow] => 1
    [text] => 製品
    [href] => https://www.rayence.com/cmosdetector_jp
    [url] => cmosdetector_jp
    [is_shortcut] => Y
    [desc] => 
    [open_window] => N
    [normal_btn] => 
    [hover_btn] => 
    [active_btn] => 
    [selected] => 1
    [expand] => N
    [list] => Array
        (
            [15886] => Array
                (
                    [node_srl] => 15886
                    [parent_srl] => 15884
                    [menu_name_key] => CMOSディテクタ
                    [isShow] => 1
                    [text] => CMOSディテクタ
                    [href] => https://www.rayence.com/cmosdetector_jp
                    [url] => cmosdetector_jp
                    [is_shortcut] => N
                    [desc] => 
                    [open_window] => N
                    [normal_btn] => 
                    [hover_btn] => 
                    [active_btn] => 
                    [selected] => 0
                    [expand] => N
                    [list] => Array
                        (
                        )

                    [link] => CMOSディテクタ
                )

            [15888] => Array
                (
                    [node_srl] => 15888
                    [parent_srl] => 15884
                    [menu_name_key] => TFTディテクタ
                    [isShow] => 1
                    [text] => TFTディテクタ
                    [href] => https://www.rayence.com/tftdetector_jp
                    [url] => tftdetector_jp
                    [is_shortcut] => N
                    [desc] => 
                    [open_window] => N
                    [normal_btn] => 
                    [hover_btn] => 
                    [active_btn] => 
                    [selected] => 0
                    [expand] => N
                    [list] => Array
                        (
                        )

                    [link] => TFTディテクタ
                )

            [15890] => Array
                (
                    [node_srl] => 15890
                    [parent_srl] => 15884
                    [menu_name_key] => I/O(Intra Oral)センサー
                    [isShow] => 1
                    [text] => I/O(Intra Oral)センサー
                    [href] => https://www.rayence.com/iosensor_jp
                    [url] => iosensor_jp
                    [is_shortcut] => N
                    [desc] => 
                    [open_window] => N
                    [normal_btn] => 
                    [hover_btn] => 
                    [active_btn] => 
                    [selected] => 0
                    [expand] => N
                    [list] => Array
                        (
                        )

                    [link] => I/O(Intra Oral)センサー
                )

            [15894] => Array
                (
                    [node_srl] => 15894
                    [parent_srl] => 15884
                    [menu_name_key] => ソフトウェア
                    [isShow] => 1
                    [text] => ソフトウェア
                    [href] => https://www.rayence.com/software_jp
                    [url] => software_jp
                    [is_shortcut] => N
                    [desc] => 
                    [open_window] => N
                    [normal_btn] => 
                    [hover_btn] => 
                    [active_btn] => 
                    [selected] => 1
                    [expand] => N
                    [list] => Array
                        (
                        )

                    [link] => ソフトウェア
                )

        )

    [link] => 製品
)


	

	
	

Xmaru View V1

動画イメージ管理、資料検索容易、早い動画獲得及びイメージ表示、再実行、記録のような使用者中心の便宜性提供

Xmaru View V1

概要

  • XmaruView V1は、デジタルX線の画像の取得、管理、処理をサポートするコンソールソフトウェアプログラムです。
  • XmaruView V1は、画像の取得および処理に必要なソフトウェアで、フラットパネル検出器とX線発生装置に接続して使用します。データアーカイブにより、ユーザーは患者の履歴管理やケーススタディ、画像の検索へのアクセスが可能になります。
  • XmaruView V1は、DICOM準拠のユーザーフレンドリーな環境として設計されました。より効果的な作業フローをサポートし、大きなデータの処理なども可能です。
 
 

高度なワークフローや直感的なGUI

  • 直感的なGUI
  • X線検出器と発電機に適用された直感的で直接的なグラフィックユーザーインターフェイス(GUI)
  • 露光条件と画像表示の最適化
  • 不要なリワークとテストプロセスの削減
 

画像処理

  • 完ぺきな画像を取得(調整の必要なし)
  • 自動で画像を最適化する統合ソフトウェア
  • 医療診断に使用できる専門的な画像処理
  • 骨と微細構造を簡単に確認可能
  • 雑音の抑圧
 

画像連結

  • 脊椎全体または足全体の画像を簡単に取得
  • 静止オプションとして連結機能を利用可能
  • 追加ワークステーションの必要なし
 
 

主な特徴

  • DICOMファイル管理
  • PACSサーバーへ画像を送信
  • DICOMファイル管理
  • PACSサーバーへ画像を送信
  • DICOM MPPS
  • DICOM委託保存
  • お問い合わせ&検索
  • DICOM印刷
  • DICOMワークリスト
  • CD Viewerを利用したCDへの書き込み
  • 画像倍率
  • 画像連結 - 3枚まで
  • 研究用写真を並べて表示
  • 画像の長さと角度の測定
  • 注釈テキスト、グラフィックスおよび電子マーカーを画像に追加可能
  • サポートマルチディテクタ - 検出器3つまで
 

システム要件

解像度(幅x高) 1,366 x 768 以上
CPU Intel Core™ i5 or more
メモリ 4GB以上
ビデオカード Intel GMA 950以上、Intel GMA X3500以上、Nvidia Geforce FX5200以上、または512MB以上(共有メモリーなし)
オペレーティングシステム Windows 7 (32bit/64bit) Professional または Home Edition Window 8 (32bit/64bit) Professional または Enterprise
本ウェブサイトに記載されたされた仕様は、事前の通知なく変更されることがあります。
Move Top