Array
(
    [node_srl] => 15884
    [parent_srl] => 0
    [menu_name_key] => 製品
    [isShow] => 1
    [text] => 製品
    [href] => https://www.rayence.com/cmosdetector_jp
    [url] => cmosdetector_jp
    [is_shortcut] => Y
    [desc] => 
    [open_window] => N
    [normal_btn] => 
    [hover_btn] => 
    [active_btn] => 
    [selected] => 1
    [expand] => N
    [list] => Array
        (
            [15886] => Array
                (
                    [node_srl] => 15886
                    [parent_srl] => 15884
                    [menu_name_key] => CMOSディテクタ
                    [isShow] => 1
                    [text] => CMOSディテクタ
                    [href] => https://www.rayence.com/cmosdetector_jp
                    [url] => cmosdetector_jp
                    [is_shortcut] => N
                    [desc] => 
                    [open_window] => N
                    [normal_btn] => 
                    [hover_btn] => 
                    [active_btn] => 
                    [selected] => 0
                    [expand] => N
                    [list] => Array
                        (
                        )

                    [link] => CMOSディテクタ
                )

            [15888] => Array
                (
                    [node_srl] => 15888
                    [parent_srl] => 15884
                    [menu_name_key] => TFTディテクタ
                    [isShow] => 1
                    [text] => TFTディテクタ
                    [href] => https://www.rayence.com/tftdetector_jp
                    [url] => tftdetector_jp
                    [is_shortcut] => N
                    [desc] => 
                    [open_window] => N
                    [normal_btn] => 
                    [hover_btn] => 
                    [active_btn] => 
                    [selected] => 0
                    [expand] => N
                    [list] => Array
                        (
                        )

                    [link] => TFTディテクタ
                )

            [15890] => Array
                (
                    [node_srl] => 15890
                    [parent_srl] => 15884
                    [menu_name_key] => I/O(Intra Oral)センサー
                    [isShow] => 1
                    [text] => I/O(Intra Oral)センサー
                    [href] => https://www.rayence.com/iosensor_jp
                    [url] => iosensor_jp
                    [is_shortcut] => N
                    [desc] => 
                    [open_window] => N
                    [normal_btn] => 
                    [hover_btn] => 
                    [active_btn] => 
                    [selected] => 0
                    [expand] => N
                    [list] => Array
                        (
                        )

                    [link] => I/O(Intra Oral)センサー
                )

            [15894] => Array
                (
                    [node_srl] => 15894
                    [parent_srl] => 15884
                    [menu_name_key] => ソフトウェア
                    [isShow] => 1
                    [text] => ソフトウェア
                    [href] => https://www.rayence.com/software_jp
                    [url] => software_jp
                    [is_shortcut] => N
                    [desc] => 
                    [open_window] => N
                    [normal_btn] => 
                    [hover_btn] => 
                    [active_btn] => 
                    [selected] => 1
                    [expand] => N
                    [list] => Array
                        (
                        )

                    [link] => ソフトウェア
                )

        )

    [link] => 製品
)


	

	
	

概要

Xmaru PACSは、カイロプラクティックや整形外科クリニックから、初期医療や専門医療行為まで、小型かつ単一サイトのイメージング環境のニーズに合わせた、拡張性がある手頃な画像保管コミュニケーションシステムです。Xmaru PACSは、あらゆるタイプのDICOM医療画像の取得、表示、および管理を迅速かつ容易に行える、最大6つのモダリティをサポートするよう設計されています。

 

サーバー

各種検査装置からのDICOM医用画像は、情報整合性を確保し、確実にサーバーに一保存されます。

img01
 

ビューワー

簡単で高性能を誇るクライアントビューワーでは、。以下をはじめとして標準型はすべて、改良型も多く含むDICOMビューワー機能を装備しています:

  • 単一画像上の多重測定を許可する測定ツール
  • 事実上無制限の試験数を同時に閲覧(PCリソースに限定)
  • 様々な画面レイアウトで同時に複数シリーズを閲覧
  • キーボードやマウスのコントロールを使用した画像の簡単スクロール
  • 実サイズへのワンボタンズーム(モニター較正なし)
  • ワンボタンで画像を元の状態にリセット
  • 任意シリーズのすべての画像に(ズーム倍率、win/lvl、フリップ状態など)簡単に自動適用できる画像表示パラメータ
  • ループまたはバウンスオプション付きマルチイメージアニメーション用、速度制御可能なシネ機能
  • Windowsクリップボードによる簡単な画像コピー、またはトレーニングやデモンストレーション用に他のアプリケーションで使用するためのBMP、JPGまたはDICOMファイルへの画像エクスポート
  • 真のサイズオプション付きDICOM印刷
  • ユーザーはメディアへDICOMファイルとして画像を保存できます。画像は保存前に匿名化できます。画像はローカルワークステーションのCDバーナーに直接焼き付けできます。
 

システム要件

モニター解像度(w x h)) 1,920 x 1,080 (最適化)
CPU Intel Core™ i5以上
メモリー 4GB以上
ビデオカード Intel GMA 950以上、Intel GMA X3500以上、Nvidia Geforce FX5200以上、ATI Radeon 9000以上、256MB以上(共有メモリーなし)
オペレーティングシステム Windows 7 (32bit/64bit) Professional Window 8 (32bit/64bit)

本ウェブサイトに記載されたされた仕様は、事前の通知なく変更されることがあります。

  • 本製品は医療用です。「注意事項」および「使用方法」をよくお読みの上ご使用ください。
  • 広告審議を取得済み:審議番号: 2017-I10-18-1318
Move Top